読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Time Is More Than Money

旅・書評・仕事

プラットフォームブランディングーー1つの接点でいかに多くの価値を生み出すかー

最近話題の書を。 プラットフォーム ブランディング 作者: 川上慎市郎,山口義宏 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ 発売日: 2013/03/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る グロービスで教員をされている川上 慎市郎さんとイン…

ヤマダ電機の新店舗"Concept LAVI TOKYO"が想像以上に酷かった件

10月31日に八重洲にオープンしたヤマダ電機の新業態、Concept LABI TOKYO。 www.conceptlabi.com 「最先端コンセプトの情報発信基地」と謳っているようにこれまでのヤマダ電機よはちがったコンセプトで作られたということもあって期待していったが中々期待は…

スポンサード漫才?5年ぶりのM-1グランプリに見たTV広告の新しい形

今年はM-1グランプリが5年ぶりに開催され、敗者復活を勝ち上がったトレンディエンジェルが優勝した。 開催されていることも今日の敗者復活の生中継を見て知ったくらいだったのだが、相変わらず演者の出来だけでなく演出や作り等、賞レースとしての「格」の作…

「場所」を作らなければ始まらない時代

先日、神田にあるランニング施設に行った。ランニング施設というのはマチナカで走る人のためにロッカーやシャワールーム等を完備した場所のこと。 自分が行ったのはラフィネランニングスタイルという神田にあるお店。 www.raffine-rs.com 初めて行ったのが中…

勝負の土俵を変えてルンバに挑むPanasonicルーロの広告

今日はJR巣鴨駅にてこんな広告を発見。 土俵を変えてルンバに挑む この「ロボット掃除機は●から▲へ。」というこの文章、考えた人えらいと思う。 ロボット掃除機といえばiRobot社のルンバが有名であり、市場自体はこちらのサイトによると、2012年時点38万台売…

人は感情でしか動かない。『戦争広告代理店』を読んで。

新年1冊目はこんな本を読んだ。 高木徹『ドキュメント 戦争広告代理店~情報操作とボスニア戦争~』講談社文庫 ドキュメント 戦争広告代理店〜情報操作とボスニア紛争 (講談社文庫) 作者: 高木徹 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2005/06/15 メディア: 文庫…

【残念】日清のカップヌードルミュージアムに行って感じたこと

本日、大学で 「インドネシアの学生6人をみなとみらいのカップヌードルミュージアムに連れていく」 というミッションが与えられまして、初対面の学生6人を連れていってまいりました。 ココです↓ カップヌードルミュージアム 正直、初対面の学生をアテンドす…

【アジア最大級】CEATEC JAPAN 2014に行ってきました!!【Moff Bandがすごい】

お久しぶりです。 前回更新からあっという間の一ヶ月ですが、今日はCEATEC JAPAN 2014へ行ってまいりましたのでその報告、紹介をしたいと思います。 CEATEC JAPANとは簡単にいうとアジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス展です。 ベンチャーや大学の研究…

【マーケティング】ネイティブ広告についてーネイティブ広告とブランドコンテンツー①

こんばんは。 今日は今話題の広告関連のお話をしたいと思います。 私が見たことをアウトプットしたいだけですが。 --- あるメディアの広告主向けの媒体説明会に行ってきました。 どんなメディアかっていうと、アメリカ発のWebメディアで去年日本上陸してソー…