読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Time Is More Than Money

旅・書評・仕事

【17日目】マレー語初日!

留学記

こんばんは。

今日も暑いマレーシアです。

昨日今日と日本の台風の時のようなスコールが降り、ジメジメ度がましています。

ただ、スコールは30分程度で止むので、大洪水ということにはなりません。

予測できないのが辛いですが。

 

今日はマレー語のランゲージスクールに行ってきました。初授業です。

スクール自体は大学から30分ほどかけて電車で行ける距離にあります。

ビルの一室に構える、アットホームなランゲージスクールです。

でも、マレー語からアラビア語、英語まで幅広い授業を行っているようです。

 

私はそこで、1時間半友人3人と共に、マレー人の女性の先生との対話式授業を受けてきました。

4対1の授業は非常に効率がよく、充実した時間を過ごすことが出来ました。

 

最初は発音から始まり、マレー語の基本的な母音子音の練習をしました。

日本人にとって、マレー語の発音は英語の発音に比べて非常に易しいです。

C以外ほとんどヘボン式のように読めば、発音する事ができます。

CはCuci(チュチ)のように発音します。

 

次に初歩的な文法を習いました。

マレー語の会話では英語のbe動詞にあたるものが必要ありません。

This is my book. と言いたいときは。

Ini buku saya.(This book my.)

のようにかなり簡潔に表すことができます。

書き言葉やフォーマルなスピーチの場ではialahというbe動詞に当たるものが存在します。

その場合は Ini ialah boku saya.(This is book my)

というふうになるそうです。

 

be動詞がないというのは驚きでしたが、慣れればこちらのほうが便利で、

英語のように主語によってbe動詞を変えたり、ドイツ語のように女性名詞男性名詞で変える必要もないのでとても楽です。

語順もほとんど英語と同じなので。

 

こんな感じで1時間半を楽しく終え、充実した時間を過ごすことが出来ました。

マレー語を話せればインドネシア語も話すことができそうなので、日英と合わせて4ヶ国語マスターできるように頑張ります。

おそらくこれからどんどん難しくなると思いますが。

 

Jumpa lagi!(さよなら)