読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Time Is More Than Money

旅・書評・仕事

【イタリア紀行①】水の都ヴェネツィアに圧倒されました

先月2月4日~ 24日まで、

ヨーロッパ行ってきます - Time Is More Than Money 

の記事にあるように、
ロンドン→パリ→ブリュッセル→パリ→バルセロナミュンヘンヴェネツィアフィレンツェ→ローマ

と旅をして、無事に帰国してもうそろそろ1ヶ月ほどたとうとしているのだが、ヴェネツィア以降、つまりイタリアの記事が一切かけてなかった・・・。

 

【1日目】何もかも洗練された街、ロンドンへ到着。 

【3日目】花の都、パリへ! 

【4日目】パリの運河の畔で美味しいフランス料理をいただくの巻 

【5日目】ブリュッセルにて悪質なスリに遭った話 

【6日目】美しい運河の町、ブルージュへ

コロニア・グエル教会ーバルセロナ郊外、ガウディの傑作ー 

港町バルセロナの美しい夜景 

 

ミュンヘンでBMWの本社へ遊びに行ってきました 

 

イタリア凄すぎて消化できませんでした

 

これまでは各都市1ネタくらい書けていたのがなぜ書けなかったのかというと、イタリアで宿泊したホステルがことごとくWi-Fiの電波が悪かったのもあるのだけど、一番の大きな理由は、イタリアで回った3都市が言葉にならないくらい素晴らしい都市だったということに尽きる。

 

ヴェネツィアフィレンツェ、ローマ、どの都市のどこをとっても自分の人生経験で培ったモノサシでは測りきれない価値があり、それに圧倒される毎日が続いた。

それくらいどの都市も歴史と文化にあふれる、魅力的な街だった。

 

とはいっても、せっかく行った都市のことは記録しておきたいので、今日からイタリア紀行をスタートしようと思う。

まずはヴェネツィア。ほんと絵になる街でした。

 

夜行列車でミュンヘンヴェネツィア

ミュンヘンからの移動手段は寝台特急。極寒のミュンヘン駅を23時30分ほどに出発、ヨーロッパの寝台特急はかなり窮屈。

自分の使ったクラスは1つの部屋は6人用で3段ベッドが2つある。そのベッドの間隔が狭すぎて、起き上がるのには一苦労。とはいえ、横になれるだけましなクラスなので、8時間ほど就寝したら車窓はヴェネツィアの運河の町並みだった。

https://instagram.com/p/0QWCxvLMnE/

 

ヴァポレットで移動

サンタルチア駅からほどほど歩きヴァポレットと呼ばれる水上バス乗り場へ。ちなみにヴァポレットは1回券が6€で、1日券が20€。2日券が30€で交通機関としては中々高い。

観光客はだいたいそれぞれの旅程に合わせた切符を買うのが普通で、自分も20€を惜しみながらも1日券を素直に買った。

でも2,3回乗ってみて気づいた・・・。

「このチケット、一回もチェックされないし、誰も見せていない。」

ヴェネツィアにいる間15回くらいヴァポレットに乗ったが、一回もチェックされなかった。ミュンヘンの鉄道もそうだったけど、ヨーロッパの交通機関は金を徴収する気が本当に薄い。特にイタリアは薄くてこの後行くフィレンツェやローマのバスでも誰も切符を見せていなかった。

 

おそらく普通にタダ乗りできると思うけど、旅先で捕まるわけにはいかないので、節約したい人は自己責任で。

 

ヴァポレットでホテルのあるジューデッカ島に到着。朝の晴れ晴れとした運がとても美しい。(気温は5度くらい)

https://instagram.com/p/0QWIEUrMnQ/

 

世界最大の油絵

ヴェネツィア滞在はほぼ1日だったため、急ぎでスクオーラ・グランデ・ディ・サン・ロッコや、カ・ドーロなどの要所を回る。

どれも美しい建築物であり、ヴェネツィアの栄光の歴史を感じることができたのだが、中でも良かったのがヴェネツィア共和国時代の総督政庁として9世紀に建てられたドゥカーレ宮殿だ。

そこにある大評議の間とよばれるヘアにはティントレットやヴェロネーゼなどの絵画が飾られている。特に世界最大の油絵と呼ばれるティントレットの『天国』のスケールには圧倒された。

 

ドゥカーレ宮殿の大評議の間。奥にあるのが『天国』

驚くほど大きな油絵で、言葉にならないf:id:Roidoh:20150219001115j:plain

ティントレット自体は16世紀のルネサンスヴェネツィア派を代表する画家。

15~16世紀のヴェネツィアがどれだけ反映していたかがひと目で分かる絵画だった。

 

絵になるくらい美しい街を絵にしてみた

ヴェネツィアの旅の起点となるのがこのリアルト橋。終日人で賑わっており、多くのショップやレストランなどが立ち並ぶ。

石造りの橋自体も美しいがそこから眺める景色も絵になるくらい美しい。

というわけで絵にしてみた。

 

リアルト橋

f:id:Roidoh:20150218215130j:plain

↓そこからの景色

f:id:Roidoh:20150218215336j:plain

 

美しすぎるよね。ちなみに実際はこんなかんじ。

晴天で本当に良かった。

f:id:Roidoh:20150218215114j:plain

 

夕陽が美しすぎた(加工ナシ)

1日で回る所もほぼ周り尽くし、あとは夕食だけとなり、街をふらふらしていたら素晴らしい景色に出会う。

日が沈む時間にサンマルコ寺院方面に観た夕陽。人生で観た夕陽の中で一番美しかった。

それがこちら。加工してません。

f:id:Roidoh:20150219021611j:plain

1日だけで主要な箇所しかまわれずのヴェネツィアだったが、天候に恵まれこんなすばらしい風景を見せてくれただけで大満足。

つぎは寒い季節ではなく夏に行きたいと思う。

 

その他

ヴェネツィアは基本的に物価が高い。海に囲まれてることもあり水や食料がヨーロッパの他の街より1割ほど高くなっている。なのであまり贅沢はできないが小さなスーパーでなんとかしのげば、生きていけるはず。

カーニバルで有名な街なのでハンドメイドの仮面もたくさん売ってました。

f:id:Roidoh:20150218190655j:plain

 

わずかな滞在時間でこれだけ印象に残る都市は他にない。

いろいろと圧倒されたイタリア1都市目だった。次回はフィレンツェです。