Time Is More Than Money

旅・書評・仕事

ヤマトの羽田クロノゲートがすごすぎた話

ヤマトグループ最大の物流施設、羽田クロノゲートへ見学にいってきた。

f:id:Roidoh:20170416211843j:plain

 

羽田クロノゲートとは

羽田クロノゲート とはヤマトグループの「バリューネットワーキング構想」の一大拠点だ。

「バリューネットワーキング構想」とは単なる物流にとどまらず、様々な付加価値を乗せてものを運んで行くという、ヤマトグループの新たな試みだ。

diamond.jp

www.homes.co.jp

 

見学は無料

羽田クロノゲートは3年前にできた施設だが、日本最大の民間物流企業の最大拠点ということもあり、最先端の技術が揃っている。

そんな施設がホームページから無料見学の予約ができる。

実際土日は結構は早く埋まるため、早めに予約することをおすすめしたい。

 

www.yamato-hd.co.jp

 

 

見学内容

見学内容は以下だ

・ヤマトの宅急便とクロノゲートのコンセプト紹介

・物施設の見学(これが凄い)

・まとめ

 

とくに2つ目の物流施設の見学はメインコンテンツで、驚くべき仕掛けを目の当たりにすることができる。

例えば仕分け作業。

1時間48000もの荷物が無人でコンベアで運ばれる様は圧巻だ。

写真撮影ができないため伝えづらいが、コンベアにある1枚1枚のセルというパネルが、それぞれの荷物のデータを記録しており、それぞれの行き先に自動で振り分けていく。

どう考えたらこんなプログラムが組めるのか、、というくらいの恐ろしい光景だった。

 

何がすごいのか

ただ一般的な仕分け作業を理解するだけではクロノゲートに来る意味がない。

クロノゲートのすごいところはその仕組みにある。

例えばヤマトメンテナンスソリューションズの棟では家電修理を請け負う。

 

なんと羽田クロノゲート内に技術者がおり、そこでメンテナンスを行っているのだ。

 

何か家電を修理したい時、従来は

消費者→ヤマト→メーカー工場→ヤマト→消費者

という流れだったのが、

消費者→ヤマト→消費者

という形に短縮することができる。

 

その他にも例えばレンタル医療機器。

医療機器は手術ごとにレンタルされることが多い。

クロノゲートではその洗浄サービスも請け負っている。

 

とにかく物を運ぶ間に付加できる価値をどんどん付加していく。

それがバリューネットワーキングの構想だ。

その他にもPCのキッティングや、パンフレットの印刷サービスや在庫管理等、

とにかくあらゆるものの価値をつなげる場所になっている。

 

 

物流のプラットフォーム化

クロノゲートを見てもちろんその最先端の物流施設にも驚かされたが、物流の中で価値をどんどんつなげていこうというそのコンセプトに驚かされた。

 

まさに『プラットフォームブランディング』で出てくるような、プラットフォーム化されている恒例と言えよう。

roidoh.hateblo.jp

 

ヤマト最大の資産である物流ネットワークを一種のプラットフォームだととらえ、その接点であらゆる価値を産んでいく。

机の上で会議しているだけでは絶対思いつかない発想。

 

無料なので、1度見学にいかれることをおすすめする。

 

f:id:Roidoh:20170416214257j:plain