Time Is More Than Money

旅・書評・仕事

メモ:健康・予防領域で「稼ぐ」ためにーー成長領域なのに黒字化できない理由/『BCGが読む 経営の論点2019』より

下記より、予防領域の箇所を雑感的にメモ

BCGが読む 経営の論点2019

BCGが読む 経営の論点2019

 

ヘルスケア領域のカテゴリー分け

  予防・未病 診断・治療 予後・リハビリ 介護・終末期
患者・生活者        
医療機関        
製薬企業・医療機器メーカー        
保険者        

 

上記の分類でいくと75事業が展開されているという。

米国ではIHN(統合ヘルスケアネットワーク)、ACO(Accountable Care. Organization)という仕組みで横軸4つの領域を展開するものがあるとのこと。

その代表的な企業が、カイザーパーマネンテである。

医療機関チェーンを傘下に持ち、支払い機能、医療プロバイダ、ペイヤー機能を統合している。医療に関するあらゆる機能を統合することで、経済合理性の高い最適な医療資源配分が可能になっている。

※日本はまだその段階まで規制緩和されていないため、参考事例としての共有

 

 

健康・予防領域で黒字化できない理由

簡単にいうと既存事業、技術にこだわりすぎてしまっている状態。自社のハードウェア、サービスありきに新しいビジネスを乗せようと考えすぎて、しまい、ユーザーの本当の行動変容に気づかず、成功しない。

かつ疾患になっていない状態で、お金を払い続けるのは世界的にも難しく、日本にいたっては、自己負担額が小さいためさらに難しい。予防に対するインセンティブが小さい状態で、患者の行動変容に繋げるサービスをつくることは生半可なことではない。

  • 「お金が落ちる領域」を見極められない

「お金が落ちる領域」→医療の投資対効果が高い事業領域

→医療のアウトカムがどれだけ実現したかその比率が高い事業

 ※グローバルスタンダードでは増分費用タイ効果で400万円~400万円を切る必要がある

「大きなお金」→保険診療として認められて保険償還されるもの

つまり点数がつかないような医療投資対効果のない事業をやっても大きくならないということ。

例えば再生医療のような高度医療が進歩しても、費用が賄えなければ意味がない。これは医療以外の産業ではあたりまえの発想だが、医療となると日本では補助ありきの発想になってしまいがり。医療経済性は念頭に置いたほうがよい。

黒字化するために

  • 患者の行動変革に繋げる

最終的な患者。生活者の思いを汲み取り、行動変革につなげること。米国の糖尿病予防はニーズが強いが、それらに関するサービスは軒並み収益化できなかった。ユーザーを律することができず、結局効果がないものと思われてしまい離脱者が増えた。

マスではなく本当にやる気のある人だけを抽出して、成功事例を作り、ブランドを造るというやり方が現在米国では行われている。

  • 医療経済性の高い価値の提供

前述のように、社会的に医療経済性の高いものに投資をする必要がある。わかりやすさが重要。

 

予防医療収益化に必要な3つのレイヤー発想

第1レイヤー 健康状態 歩数 体重 食事 睡眠
第2レイヤー 中間状態 骨密度の低下 高血圧 物忘れ
第3レイヤー 疾患 骨折 糖尿病 認知症

 

第1レイヤー→第2レイヤー:因果関係が見えにくい

第2レイヤー→第3レイヤー:因果関係が見えやすい

いかに相関を見えやすくしてそれに対するソリューションをわかりやすく提供するかが重要。それにより行動変容がおこる。

 

以上、今後調べるものも含めて雑感メモとして記します。

真のプラットフォーマーの全貌を知る1冊―――成毛眞『amazon 世界最先端の戦略がわかる』ダイヤモンド

成毛眞amazon 世界最先端の戦略がわかる』を読了。

2018年8月に第1刷が出たにもかかわらず、既に第7刷。

 

amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

 

 

 

小売(EC/リアル)・物流・金融・エンタメ・クラウドコンピューティング、、、今や全世界のあらゆる産業に猛威を奮っているAmazonのビジネスについてまとめた本。意外とAmaonの全貌をしる本はなかったので、「ネットの記事や新聞で読むけど、意外とAWSAmazon Goのこととかわからない」、という人にはこれに勝る良書はないだろう。

 

意外と知らないことが多かった

普段からAmazon界隈の情報は目にはしていたので、既知の情報が多いだろうと思っていたが、新たに発見した事実がいくつかあったので下記にまとめておこう。

  • FBA(fulfillment by amazon) 

  マーケットプレイスに出店する企業が出荷・決済・配送・返品対応まで担ってくれる仕組み。おそらく流通業界や、メーカーにいらっしゃる方からすれば、Amazonの基本の基本ではあるのだろうが、詳しくは知らなかった。FBAを使えばPrimeマークが商品につくことになる。

  Amazonは顧客第一主義であることはよく語られるが(本書でも語られる)、まさにビジネスのプラットフォーマーとして参加者の困りごとをスケールメリットを生かして、解決していく姿勢は世界一だろう。それが1番現れているのがFBAだと感じる。

  FBAに紐付いているが、スタートアップ企業が、Amazonに商品開発から物流、資金調達まで支援してもらえる仕組み。

  こちらに紐付いて、Amazon Lendingで実際の資金調達も可能

  事業者向けの少額短期融資の仕組み。審査が従来の銀行融資よりもスピーディ。なぜか、それはAmazonが融資先の売上データ、在庫データなどをすべて握っているから。いざとなったら在庫も差し押さえられる、損をしない驚異のビジネスモデル。

  • amazon multi channel fulfillment

  Amazon以外のECプラットフォーム(楽天など)で商品を販売した場合でも、Amazonが出荷などを代行してくれる仕組み。

  筆者もあまり知られていないことと前置きしているが、これは1番驚いた。

  • カスケード 

  Amazon仕入れの方式。安い順にどんどん仕入れていく。

  • KIVA

  Amazonの倉庫ではたらくロボット。

 

 

世界のプラットフォーマーという恐ろしい存在

GAFAの脅威が叫ばれて久しいが、改めてAmazonが以下に世界の中心となって輝くプラットフォームであるか、そしてその恐ろしさを思い知る一冊だった。

下記の紹介した『プラットフォームブランディング』の記事で「プラットフォーム=1つの接点から多くの価値を生み出すもの」という自分なりの定義から考えると、Amazonがいかにそれにこだわり抜いているかがよくわかった。

プラットフォームブランディングーー1つの接点でいかに多くの価値を生み出すかー - Time Is More Than Money

ECに関していえば、商品の書いてと売り手の接点になるが、それにいたるまでの、購買プロセス、出品プロセスの中で数えきれないほどの価値を作っている。

これを全世界、あらゆるジャンルの商品でやっているのだから恐ろしい。それも極力人力を排除する形で・・・。

そしてそれだけでなく、Prime会員に向けた圧倒的なコンテンツに加えて、AWSまである。

AWSクラウドコンピューティングのインフラの中であらゆる価値を提供しているプラットフォームだ

 

Amazonはこれで終わりではないしますます進化するだろう。これが世界のプラットフォームの完成形になったとき、社会は生き方はどうなるのか、、というのは現代人であれば少し考えていかなければ行けないし、逆にビジネスに携わる人にとってはAmazonという怪物の動向は機会にもなるし脅威にもなるため、ますます注視しておきたい存在だ。その足がかりとして本書は最良であると思う。

 

amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

 

 

 

ちなみに私は圧倒的にヨドバシ・ドット・コム派だ。

【書評】『カトク』――組織と個人の関係を見直す1冊

連休中に読みたかったので、有楽町の三省堂で購入し読了。

読了後はすぐにメルカリで売却が完了した1冊。

メルカリで売却したとはいえ、一度は読む価値のある作品。

ブラックな組織で働く人、そして働かせる人をリアルに描写し、巧妙に人と組織の関係を洗い出している。

カトク 過重労働撲滅特別対策班 (文春文庫 し 65-1)

カトク 過重労働撲滅特別対策班 (文春文庫 し 65-1)

 

 

過労死は自己責任か

本書の主人公はブラック企業で働く人そのものではなく、ブラック企業自体を取り締まる、「過重労働撲滅特別対策版」の城木。

その城木が、住宅メーカー、電機メーカー系列のIT企業、広告代理店などの過重労働事案を取り締まってゆく。

前作の『狭小邸宅』で不動産業界の闇を暴いた腕そのままに、その組織で働く「ブラック上司」「ブラック経営者」をこれでもかというくらいにリアルに描かれているのが本書の見どころだ。

 

だがこの本書の価値は「過労死は自己責任か」という重大な問の存在だ

本書で出てくる「ブラック上司」は事情聴取されると皆、

・成果がでないとクビになってしまうからしかたない

・自分たちのときはここまでやってきた

・死ぬまで働く気がないと成果がでない

といった過重労働を肯定する発言を行う。

 

そして城木は葛藤しながらも、「成果が出ても健康を損ねたら意味がない」と徹底的に糾弾してゆく。

 

人はなぜ働くのか、何のために組織に貢献するのか。

そして組織は何を構成員に提供してゆくのか。

釣り合うべき人と組織の関係がゆがみきった結果が、現在起こっている過労死、ブラック労働の根源である。

 

個人が復権しつつある今でも、こうした問題は続いている。

組織と個人の関係を見直し、自分のために生きる、働くこととは何か、それを知ることのできる一冊。