読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Time Is More Than Money

旅・書評・仕事

ヤマダ電機の新店舗"Concept LAVI TOKYO"が想像以上に酷かった件

Marketing 企業

10月31日に八重洲にオープンしたヤマダ電機の新業態、Concept LABI TOKYO。

www.conceptlabi.com

最先端コンセプトの情報発信基地」と謳っているようにこれまでのヤマダ電機よはちがったコンセプトで作られたということもあって期待していったが中々期待はずれだったので、そのレポート・・・。

 

入り口から漂う"ヤマダ電機感"

これまでの量販店といえば、できるだけ多くのものを陳列し、どこよりも安いということを謳うことに力をいれている分、大衆向けになり、「オシャレさ」等は捨てたものが普通だった。

なので、Concept LAVI TOKYOはそういった従来の家電量販店とは違うのではないかと期待していた。

イメージで言えば、二子玉川にオープンした蔦屋家電。

real.tsite.jp

 

だが、蓋をあけてみるとまったく様相は異なっていた。

入口に入った瞬間、どこの家電量販店にもあるような

イー・モバイルいま勧誘なら○○円お得!!!」

こんなポップをかざり、ウインドブレーカーやハッピを着用した店員が勧誘を行っている。

中に入っても新宿のLAVIとおなじようなアナウンスやBGM.

店員の服装も同じ・・・。

何が「Concept」なのか全くわからない。。。

 

 

ガラガラの店内

案の定店はガラガラ・・・。

クリスマス、年末前のこのシーズンといえば家電量販店は一番忙しいはずなのに、、、手持ち無沙汰の店員が話しかけてくるくらい暇。

f:id:Roidoh:20151212210316j:plain

 

 

店員によると、オープンしてから全然客が来なかったので普通の家電量販店のようなポップを増やしたとのこと・・・。

 

 

 

 

謎の場所に位置するカフェ

7Fにカフェがあるのだが、そこの回りは冷蔵庫売り場・・・。

モールとしての魅力を出したいならもうすこしレイアウト考えたほうがいい。

冷蔵庫に囲まれてコーヒーが美味く飲めるはずがない。

f:id:Roidoh:20151212211337j:plain

 

哀愁ただようSONYPanasonicコーナー

1FはAppleコーナー

2Fはモバイル

そして3Fにあったのは「SONY/Panasonic特設フロア」f:id:Roidoh:20151212211823j:plain

 

2大メーカーのためのフロアなのか!!!新しい!!と思って楽しみにいってみたのだが、

特に新しい発見は皆無に近かった。。

 

f:id:Roidoh:20151212211551j:plain

 

個人的にはSonyが好きなので楽しめたのだけど、普通の人からしたら普通の電気屋と変わらない。

むしろ無駄にスペースをとっているため情報量も少ない。

一体何がしたいんだろう・・・。本気でそう思わされるくらいつまらなかった。

 

完全な企画オチ

こうなってしまった原因はいくつかあるだろう。

まずは立地。

八重洲口から徒歩ときくと東京駅から近いように見えるが、この辺を歩くのは日本橋で働くビジネスマンか、成田空港にバスでいく人くらい。

渋谷・新宿や銀座のように外国人が好んで集まるような場所ではないため人は集まりにくい。

 

もうひとつはコンセプトの"薄さ"。

Concept LAVIと名乗ってるもののコンセプトが何なのか一向に見えてこない。

本当にお洒落を目指すなら収益を度外視したような洗練されたデザインとか建物にすればいいのに、全然尖ってない普通の家電屋。

おまけに客が来ないからといって、いつものヤマダ電機の雰囲気に戻してしまう。

いつものに戻すならビックロみたいなごちゃごちゃ感を作ってしまえばよかったのに・・・。

 

各フロアに1台ずつくらい居たPepperがますます痛く見えてくる・・・。

 

f:id:Roidoh:20151212220030j:plain